動車の廃車手続き(抹消登録)

事務所・業務案内

 登録と名義変更

 住所・氏名変更

 自動車の税金

 軽自動車の廃車

 

標準報酬額表
  相談メール(無料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広田行政書士事務所


営業エリア・・・福岡〜北九州〜下関

*メールによる相談は無料です

相談メール(無料) ご相談はこちらから

普通車

 

【一時抹消登録】 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【永久抹消登録】 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解体届出】 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【移転抹消登録】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

廃車証明 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【一時抹消登録】

一時的に自動車の使用を中止する場合

/柔曾顱OCRシート3号の2)・・・(用紙代40円くらい)

  所有者本人が申請する場合は実印を押印。

▲淵鵐弌璽廛譟璽

 *返納窓口で先に返す。その後,陵兒罎鯒磴α觚での印紙を購入

手数料納付書・・・

  検査登録印紙代350円を貼り付けます。

 *OCR用紙を買うときに一緒に支払うと貼付してくれる。

ぜ峺‐

 

グ鑑証明書・・・所有者のもの.。発行後3ヶ月以内

Π冉ぞ・・・

  代理人が登録申請に行く場合に必要。所有者の実印を押印。

 

※車検証の記載事項(住所)に変更がある場合は・・・

普通車で車検証に記載されている所有者の住所・氏名が変わっている場合は、車検証の記載内容から現在までの変更内容が確認できる書類(住民票や戸附票など)が必要になります。住居表示が変わっている場合でもそれを証明する旨の市町村発行の書面か、そのことが分かる住民票が必要になります。

住民票が5年を経過して取得できない場合には所有者の「申立書」(実印を押印)による住所が替った旨を記載したものが必要になります。

つまり、抹消登録と同時に変更登録を行うことになります。

この場合変更登録を同時に行う場合は、OCRシートの1号も必要になります 。登録印紙代も350円余分に必要になります。陸運局の窓口によって異なりますが、代理人が手続きに行く場合は、委任状が2通必要なところと1通で両方の手続きを兼ねるところがありますので、2通用意しておいた方が無難です。

  

また、自動車税の申告書も2通同じものを用意しなければならない都道府県窓口もあります。小型二輪の場合も同様です。

 

 

 

【永久抹消登録】

自動車の使用をやめ、解体した場合

/柔曾顱OCRシート3号の3)・・・所有者本人が直接申請する場

 合は実印を押印。

⊆蠖料納付書・・・検査登録印紙代はかかりません。

車検証

ぅ淵鵐弌璽廛譟璽函ΑΑκ崘爾靴泙后

グ鑑証明書・・・所有者のもので発行後3ヶ月以内のもの。

Π冉ぞ・・・代理人が手続きに行く場合。所有者の実印を押印。

Ъ動車税申告書・・・自動車の抹消登録手続き終了後に税金の消滅手続きを行います。 

 ※車検証の記載事項から変更がある場合は・・・

  【一時抹消登録】の項を参照してください。

 ※OCRに移動報告番号(リサイクル券に記載)と解体報告記録日を記入。

 

 重量税還付・・・・

    解体による返納手続きで重量税の還付を行うには、申請書への口座番号の記入と還付手続きを委任する場合には、申請依頼書も必要です。

 

 

一時抹消された自動車を解体した場合【解体届出】

 

/柔曾顱OCRシート3号の3)・・・所有者本人が申請する場合は印鑑を押印。署名でも可。

⊆蠖料納付書・・・検査登録印紙代はかかりません。

0貉抹消登録証明書

そ衢者の委任状・・・代理人が手続きに行く場合。所有者の印鑑を押印。 

※一時抹消登録の際に自動車税の消滅手続きを行っているので自動車税申告は不要。 

※所有者の住所や氏名を変更している場合・・・住民票 

※所有者を変更している場合・・・譲渡証明書および新所有者の住民票または戸籍附票 

※OCRに移動報告番号(リサイクル券に記載されています)と解体報告記録日を記入。

 

 

  移転抹消登録・・・・

普通車で所有者が変更している場合は、車検証に記載されている所有者(旧所有者)の譲渡証明書、印鑑証明書および車検証の記載内容から変更がある場合は、変更内容が確認できる書類(住民票、戸籍の附票など)と新所有者の印鑑証明書、委任状(代理人が申請する場合)も必要になります。

つまりは、名義変更の手続き(移転登録)と抹消登録を同時に行うことになります。

陸運局の窓口によって異なりますが、代理人が手続きに行く場合、新所有者の委任状を2通用意しなければいけないところと1通で両方の手続きを兼ねることができるところがありますので、2通用意しておいた方が無難です。

移転登録を同時に行う場合は、OCRシートの1号も必要になります。登録印紙代も500円余分に必要になります。

また、自動車税の申告書も2通同じものを用意しなければならない都道府県窓口もあります。

移転登録と同日に抹消する場合は、移転登録に際しての車庫証明は不要です。また、車検が切れていても手続きをすることができます。  

廃車証明について・・・・

一時抹消をした場合は、一時抹消登録証明書が交付されますが、永久抹消登録の場合は抹消登録証明書が交付されません。

その後に保険の解約手続きをしたい場合には『登録証明書』を取得して保険会社に提出します。

ご相談はこちらから