合同会社設立(電子定款)

広田行政書士事務所の業務案内ここをクリック

 

営業エリア・・・福岡市〜北九州市〜下関市

美祢市、山陽小野田市、宇部市

★相談メール(無料) ご相談はこちらから

電子定款対応!!

合同会社の設立

 

 

 

 

 

 

 

電子定款対応

の場合は

定款の印紙代

(4万円)が不要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、合同会社とは・・・株式会社との違い

 

合同会社

株式会社

定款認証

不要

必要

登録免許税

6万円

15万円

決算公告

不要

必要

利益配当・権限

損益や権限の配分は自由。

損益や権限の配分は出資額に比例。

取締役

不要

必要

 

合同会社(LLC)は、出資者自らが業務執行を行うことが原則です。これに対して株式会社は、出資者である株主が取締役を選任し、業務の執行は取締役または執行役員が行います。

 

 

株式会社と比較した合同会社のメリッ

・意思決定が早くスムースに行える
・株主総会等の開催、官報公告等が不要なためコストがかからない
・現物出資に対する検査役調査等の手続がない
・利益や権限の配分が出資金額の比率に拘束されない

 

株式会社と比較した合同会社のデメリット

・資本が少なく対外的な信用がない
・社員が多い場合には不適

 

2、設立の手順

 

定款の作成・・・定款の印紙4万円

  *電子定款対応のため印紙代不要

     ・・・定款の見本 (定款はリンク先の下のほうにあります)

  公証人の認証は不要

⊆,僚駑爐鬚修蹐┐橡〔涯匹播亠申請・・・このとき登録免許税が最低6万円

              (ただし、資本金の1000分の7)

   ・・・登記申請書

 

4日〜5日程度(法務局により異なります)で出来上がります・・・このとき謄本が必要なら

  1通1000円必要です。

 

*必要書類

登記申請書(登記申請書類一式あります)

定款  

・代表社員,本店所在地及び資本金を決定したことを証する書面  

代表社員の就任承諾書               

払込みがあったことを証する書面           

資本金の額の計上に関する代表社員の証明書     

・委任状 (代表者が行く場合は不要)  

 

その他用意するもの

代表者印

会社の角印など   

 

*印鑑届も同時にしましょう。                 


 

★相談メール(無料) ご相談はこちらから