理容・美容室の開業

事務所案内 | 合同会社設立 | 食品製造・販売 | 標準報酬額表 | お問合せ(無料) |

                  理・美容室(所)−開設手続き

 

    広田行政書士事務所 営業エリア:福岡市・北九州市・下関市

 

   ★ご要望(内容)に応じて出張相談承ります。

    ★相談メール(無料) ご相談はこちらから

     もっと詳しくは⇒          

 理容院(室)および美容院(室)を新しく開業するには、保健所に開設届を提出し、構造設備について検査を受け基準に適合しなければなりません。

なお、既存の理・美容所の施設を譲り受けて経営する場合も同様の手続きが必要です。

 

                               (注)以下、札幌市HPより転載

開設手続きの流れ(カッコ内は時期の目安です)

事前相談

 

↓

 作業場面積や消毒設備などの構造設備基準がありますので、工事前に計画図面を持ってあらかじめ保健所で相談しておくと間違いありません。(工事前)

開設届提出

 

↓

 必要な書類をそろえて、保健所に提出します。この際に、保健所が開設検査に来る日時も決定します。(営業開始一週間前)

確認検査

 

↓

 保健所職員が店舗に出向き、図面どおりの構造かどうか、消毒設備はそろっているかどうかなどについて確認検査をします。このとき、店内は営業時と同じ状態にしておいてください。(営業開始2〜3日前)

確認証の発行

 開設確認検査の翌日〜3日後には確認証を発行します。開業前に保健所まで取りに行きます。開業後、確認証はお客様から見える位置に掲示してください。(営業開始2〜3日前)

 

 

主な構造設備基準

作業場と客待室があること

セットイスの台数

必要な作業場面積(屐

9.9以上

13.2以上

16.5以上

19.8以上

23.1以上

26.4以上

29.7以上

作業場の面積は右表のとおり確保されていること

客待室は入り口から作業場を通らずに行くことの出来る場所に設け、かつ作業場と区画すること

シャンプーボール・前流しなどの洗髪設備があること

洗髪設備とは別に、手指・器具等の洗浄用の流し台があること

洗髪、洗浄設備は流水装置とすること

床・腰板はコンクリート、タイル、リノリウム、板等の不浸透性材質であること

照明・換気が設備が十分であること

ふた付きの汚物箱、毛髪箱を備えること


必要な添付書類一覧

開設届(用紙は保健所及び各区の保健センターにあります)

施設平面図(施設がビルに入居している場合はその階における配置図)

届出者が法人の場合は、現在事項全部証明書(登記簿謄本)

全員分の理(美)容師の免許証(原本)  確認後返却されます。

管理理(美)容師をおく必要がある場合(理・美容師が2名以上いる施設)は管理理(美)容師の講習会終了証  確認後返却されます。

従業員(見習い、手伝い含む)の結核ではない旨を証明する書類

開設手数料 18,000円

 

福岡市では16,000円 ⇒福岡市のHP

美容室図面

美容室の図面の例(セットイス4台)

 

 

 

 

 

               ★相談メール(無料)ご相談はこちらから
   

         報酬はこちら→標準報酬額表



Mail Yahoo!ジオシティーズ