病院・診療所の開設(下関市、山口県〜)

事務所概要 | | | | |

       広田行政書士事務所

 

営業エリア福岡市〜北九州市〜下関市・・・

                           美祢市、山陽小野田市、宇部市

                   福岡県・山口県・・・

    エリア内、要望(内容)に応じて出張による相談も承ります。

      自宅が福岡市ですから・・・福岡市内出張相談OKです。

 

       *書類の送付やメール添付で処理が可能な事案については全国対応可能です。

 

                                            業務のご依頼、お問い合わせは↓

    相談メール(無料)は全国どこからでも事務所:業務案内

 

もっと詳しくは⇒

 

【病院の開設】 

病院を開設しようとする場合は、県にあらかじめ開設許可「申請」を受ける必要があります(医療法第7条第1項)。
 また、開設した病院施設は、その構造設備について県の構造設備検査を受け、許可証の交付を受けなければ使用することができません。(医療法第27条)

 

【診療所の開設】

医師又は歯科医師が診療所を開設した場合、開設から10日以内に県(所在地管轄の保健所)に「届出」が必要です。(医療法第8条)

但し、有床診療所の場合は、その構造設備について都道府県知事の検査を受け、許可証の交付を受けた後でなければ、これを使用できない(同法第27条)。

 

 【診療所と病院の違い】

患者を入院させるための施設を有しないもの又は19人以下の患者を入院させるための施設を有するものが診療所(医療法第1条の52項)。20人以上の入院設備を備える施設が病院である。

 

【医師・歯科医師以外による開設】

医師・歯科医師個人のほか、医療法人等の法人も行うことができる(同法第71項)。

いずれの場合も、管理者は医師又は歯科医師でなければならない(同法第10条)。

この場合の開設に当たっては、所在地の都道府県知事の開設許可が必要となる。また、医療法により、広告・宣伝には数々の規制がある。

 

【建築の制限】

診療所は建築基準法による用途地域の別に関わらず、条例等で特段の定めがない限り、どの場所でも設置は可能であるが、病院は第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、工業地域、工業専用地域では設置できない。

 

下関市における診療所の開設・変更等に関する申請・届出の様式

 





Yahoo!ジオシティーズ