韓国人との結婚(広田行政書士事務所)

広田行政書士事務所

 

営業エリア:::福岡、北九州、下関の各入国管理事務所

              福岡市、北九州市、下関市

                 宇部市、山陽小野田市、美祢市

              *内容に応じて出張相談承ります。

メールによる相談は無料ご相談はこちらから

韓国国内で結

婚する場合 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本国内で結婚する場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【韓国において韓国人と結婚する場合】

   *婚姻後、日本において居住する場合

申請方法

1、在韓国の日本国大使館・領事館で

婚姻要件具備証明を取得する。

(即日発行されます。費用がW 14,000

*代理申請は原則不可

*両当事者の出頭が必要です。

1)申請書

必要書類

・日本人側

仝誉卞ァ幣供頬棔複灰月以内発行のもの)

∨椰佑魍稜Г任る公文書(パスポート等)

・韓国人側

 嶌О関係証明書」(3ヶ月以内発行のもの)

⊇嗣嬰佻疹敕、本人を確認できる写真付公文書

2、韓国の市役所において婚姻届を提出します。

 

〆О申請書2部(区庁に置いてあります)

∈О要件具備証明書

4攅饋佑慮誉卞ニ2

て本人の戸籍謄本1部(翻訳文)(6ヶ月以内発行のもの)

  住民票1部(翻訳文)

ノ梢佑琉鑑

ζ本人のパスポート

 

  韓国の婚姻申請書には保証人2人の署名・捺印が必要です。

当日保証人と一緒に区庁に行くか、事前に婚姻申請書を入手し、保証人の住民登録番号、サイン、印鑑など必要項目を記入してから手続きに行きます。

12週間で結婚の事実が記載された「婚姻関係証明書」が取得できます。

 

3、韓国での婚姻が成立後、

1)日本の市・区役所、町役場に婚姻届を提出する場合

必要な書類

〆О届1

韓国での婚姻の事実が記載された韓国人の婚姻関係証明書とその和訳文各1

F本人の戸籍謄本1通(本籍地以外の場合)

て本人の公的身分証明書(パスポート等)

テ本人の印鑑

Υ攅饋佑離僖好檗璽函淵灰圈鴫帖

 

2)在韓国日本大使館において届出をする場合

必要な書類

〆О届23通(1通はコピー可)

韓国での婚姻の事実が記載された韓国人の婚姻関係証明書とその和訳文各2

(各1通はコピー可)

F本人の戸籍謄本2通(1通はコピー可)

て本人のパスポート

ノ梢佑琉鑑

Υ攅饋佑僚嗣嬰佻疹據頁阿里燭瓮僖好檗璽箸鮖参してください)

 

*申請の際、韓国側の両親の氏名・本籍地・住所を漢字で書かないといけないので予め調べておいて下さい。

 

4、日本国内の最寄の入管で日本人の配偶者としての在留資格認定証明書

     の交付申請をします。

1ヶ月くらいで申請がおりて当該認定証明書を韓国の配偶者へ送り

ます。

韓国の配偶者はその在留資格認定証明書を持って在韓の日本国大使館・領事館にて日本人の配偶者としてのビザを申請します。

 

 

【日本において韓国人と結婚する場合】

*相手方韓国人が日本に滞在している場合

申請方法

1、 日本の市・区役所にて婚姻届を提出。

      必要な書類

      1)婚姻届

      2)韓国人の婚姻関係証明書とその和訳文

      3)韓国人の基本証明書とその和訳文

      4)韓国人のパスポート

      5)日本人の方の戸籍謄本(本籍地以外の場合)

   *2)と3)は予め在日本韓国大使館・領事館で入手してください。

 

   2、日本での婚姻が成立後、韓国の市役所又は駐日韓国大使館領事部等にて日本での婚姻の事実を報告(届出)。

 

      韓国の市役所又は駐日韓国大使館領事部等において必要な書類

      1)韓国の婚姻届

      2)日本人の戸籍謄本(婚姻の事実記載済み)又は婚姻届受理証明書とその韓国語訳文

      3)日本人の住民票とその韓国語訳文

      4)韓国人の婚姻関係証明書

      5)韓国人の基本証明書

      6)韓国人の公的身分証明書(パスポート等)

 

 3、在留資格の変更申請を行います。