永住許可申請

 

 

広田行政書士事務所(業務案内)

 

福岡・北九州・下関の入管手続き、申請取次ぎいたします。

*営業エリア:福岡市・北九州市・下関市、

美祢市、山陽小野田市、宇部市

ご要望(内容)に応じて出張相談承ります。

 

★相談メール(無料)ご相談はこちらから


                         


永住許可申請

 

【申請者の方が「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」である場合】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【申請人の方が,「定住者」の在留資格である場合】       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【申請人の方が,就労関係の在留資格(「人文知識・国際業務」,「技術」,「技能」など)及び「家族滞在」の在留資格である場合】

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

    

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★相談メール(無料)    

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疑柔楚佑諒が,「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」の在留資格である場合

 

 

≪提 出 書 類≫

※申請人とは,日本での永住を希望している外国人の方のことです。

※配偶者とは,上記申請人と結婚している日本人又は「永住者」の

  方のことです。

※日本で発行される証明書は全て,発行日から3か月以内のものを

  提出してください。

1、永住許可申請書・・・1通

                          法務省HP

2 パスポート及び外国人登録証明書・・・提示

3 申請人以外が申請する場合

 ・身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・提示

 ・申請人のパスポートの提示及び登録原票記載事項証明書

      (外国人登録証明書の両面写し)・・・提出

身分関係を証明する次のいずれかの資料

 ・申請人の方が日本人の配偶者である場合

                    配偶者の方の戸籍謄本・・・1通

 ・申請人の方が日本人の子である場合

           日本人親の戸籍謄本・・・1通

申請人の方が永住者の配偶者である場合

 (1)配偶者との婚姻証明書・・・1通

  (2)上記(1)に準ずる文書

     (申請人と配偶者の方との身分関係を証するもの)                         ・・・適宜

 

申請人を含む家族全員(世帯)の外国人登録原票記載事項証明書

        (外国人の方)及び住民票(日本人の方)・・・適宜

申請人又は申請人を扶養する方の職業を証明する次のいずれかの

      資料

 ・会社等に勤務している場合

               在職証明書・・・1通

 ・自営業等である場合

  (1)確定申告書控えの写し・・・1通

  (2)営業許可書の写し(ある場合)・・・1通

     自営業等の方は,自ら職業等について立証していただ

          く必要があります。

その他の場合

 ・職業に係る説明書(書式自由)及びその立証資料・・・適宜

    ※ 申請人及び配偶者の方お二方とも無職の場合についても,そ

      の旨を説明書(書式自由)に記載して提出してください。

直近(過去1年分)の申請人又は申請人を扶養する方の所得及び

   納税状況を証明する次のいずれかの資料

 ・会社等に勤務している場合

 ・自営業等である場合

       住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明

        (1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)

            ・・・各1通

      上記については,1年間の総所得及び納税状況(税金を納めて

      いるかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いず

      れか一方。

  また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,

      区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方

      入国管理官署にお問い合わせ下さい。

その他の場合

(1)次のいずれかで,所得を証明するもの

      預貯金通帳の写し・・・適宜

      上記,暴爐困襪發痢ΑΑε宜

(2)住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書

  (1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)

                      ・・・各1通

                         

         上記については,1年間の総所得及び納税状況(税金を

       納めているかどうか)の両方が記載されている証明書で

       あれば,いずれか一方。

    また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居によ

      り,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない

      場合は最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

身元保証に関する資料

(1)身元保証書・・・1通

   ※地方入国管理局にあります。

   ※身元保証人には,通常,配偶者の方になっていただきます。

 (2)身元保証人の印鑑

           ※印鑑をお持ちでない方は署名(サイン)でもかまいません。

(3)身元保証人に係る次の資料

        職業を証明する資料・・・適宜

   直近(過去1年分)の所得証明書・・・適宜

      ゝ擇哭△了駑舛砲弔い討蓮ぞ綉5及び6を参考に。

   住民票(日本人の方が身元保証人の場合)又は外国人登

      録原票記載事項証明書(外国人の方が身元保証人の場合)

          ・・・1通          

                                      

             については,上記4の資料と重複する資料となる場合

           もありますので,その場合は,併せて1通提出で可。

 

※※※申請した後に,当入国管理局における審査の過程において,

      上記以外の資料を求める場合もあります。※※※

 

 

     

 

1永住許可申請に関する手続等の案内については,入国管理局ホーム  ページ(http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-4.html)の

 「各種手続案内」をご覧下さい。

提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を

 添付して下さい。

原則として,提出された資料は返却されませんので,入手することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請時に申し出て

 下さい。

法務省ホームページに,永住許可に関するガイドライン等,参考資料を掲載してますので,ご覧下さい。

永住許可に関するガイドラインhttp://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan50.html

我が国への貢献があると認められる者への永住許可のガイ

   ドライン

   http://www.moj.go.jp/content/000007260.pdf

○我が国への貢献による永住許可・不許可事例

   http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan16.html 

 

【申請人の方が,「定住者」の在留資格である場合】

≪提 出 書 類≫

※申請人とは,日本での永住を希望している外国人の方のことです。

※日本で発行される証明書は全て,発行日から3か月以内のものを

   提出。

永住許可申請書・・・1通

  地方入国管理官署において,用紙を用意してます。

   また,法務省のホームページ

   から取得することもできます。

パスポート及び外国人登録証明書・・・提示

身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・提示

  ※ 上記3については,申請人本人以外の方(申請が提出でき

       る方について

    http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-4.html

     を参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請

      を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要と

      なるものです。また,申請人以外の方が申請を提出する場合

      は,上記2の「申請人のパスポート及び外国人登録証明書の

      提示」に代わって,「申請人のパスポートの提示及び登録原

      票記載事項証明書(外国人登録証明書の両面写し)の提出」

      をお願いします。

理由書・・・1通

            永住許可を必要とする理由について,自由な形式で書

  いて下さい。

            日本語以外で記載する場合は,翻訳文が必要。

身分関係を証明する次のいずれかの資料

(1)戸籍謄本・・・1通

(2)出生証明書・・・1通

(3)婚姻証明書・・・1通

(4)認知届の記載事項証明書・・・1通

(5)上記(1)〜(4)に準ずるもの

申請人を含む家族全員(世帯)の外国人登録原票記載事項

 証明書

      (外国人の方)及び住民票(日本人の方)・・・適宜

           

申請人又は申請人を扶養する方の職業を証明する次のいずれかの

   資料

  会社等に勤務している場合

   ・在職証明書・・・1通

  自営業等である場合

   (1)確定申告書控えの写し・・・1通

   (2)営業許可書の写し(ある場合)・・・1通

     ※ 自営業等の方は,自ら職業等について立証していただく

      必要があります。

その他の場合

  職業に係る説明書(書式自由)及びその立証する資料 

                       ・・・適宜

   申請人及び配偶者の方お二方とも無職の場合についても,

      その旨を説明書(書式自由)に記載して提出してください。

直近(過去3年分)の申請人又は申請人を扶養する方の所得及び

    納税状況を証明する次のいずれかの資料

会社等に勤務している場合

自営業等である場合

・住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(年間

  の総所得及び納税状況が記載されたもの・・・各1通

   上記については,年間の総所得及び納税状況(税金を納

     めているかどうか)の両方が記載されている証明書であ

    れば,いずれか一方でかまいません。

  また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等によ

 り,お住まいの区役所・市役所・役場か発行されない場合

  は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。      その他の場合

(1)次のいずれかで,所得を証明するもの

 

             預貯金通帳の写し・・・適宜

             上記,暴爐困襪發痢ΑΑε宜

(2)住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書

     (年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)

            ・・・各1通

           上記については,年間の総所得及び納税状況(税金を納

     めているかどうか)の両方が記載されている証明書であ

     れば,いずれか一方でかまいません。

    また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等に

        より,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない

    場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

 申請人又は申請人を扶養する方の資産を証明する次のいずれか

  の資料

(1)預貯金通帳の写し・・・適宜

(2)不動産の登記事項証明書・・・1通

(3)上記(1)及び(2)に準ずるもの・・・適宜

10  身元保証に関する資料

(1)身元保証書

          地方入国管理官署において,用紙を用意してます。

       また法務省のHP

        から取得することもできます。

(2)身元保証人の印鑑

            印鑑をお持ちでない方は署名(サイン)でもかまいません。

(3)身元保証人に係る次の資料

   職業を証明する資料・・・適宜

   直近(過去1年分)の所得証明書・・・適宜

    ゝ擇哭△了駑舛砲弔い討蓮ぞ綉6及び7を参考にして提

     出してください。

     住民票(日本人の方が身元保証人の場合)又は外国人登録

   原票記載事項証明書                                             (外国人の方が身元保証人の場合)・・・1通

            については,上記5の資料と重複する資料となる場合

     もありますので,その場合は,併せて1通提出で可。

11 我が国への貢献に係る資料(※ある場合のみ。)

(1)表彰状,感謝状,叙勲書等の写し・・・適宜

(2)所属会社,大学,団体等の代表者等が作成した推薦状

        ・・・適宜

(3)その他,各分野において貢献があることに関する資料

        ・・・適宜

 

※※※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程

   において,上記以外の資料を求める場合もあります。※※※

 

     

 

永住許可申請に関する手続等の案内については,入国管理局ホー

  ムページ(http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/index.html)の「各

   種手続案内」をご覧下さい。

提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を

  添付して下さい。

原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手

 することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請

 時に申し出て下さい。

法務省ホームページに,永住許可に関するガイドライン等,参

  考資料を掲載してますので,ご覧下さい。

永住許可に関するガイドラインhttp://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan50.html

我が国への貢献があると認められる者への永住許可のガイ

   ドライン

   http://www.moj.go.jp/content/000007260.pdf

○我が国への貢献による永住許可・不許可事例

   http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan16.html 

              

 

【申請人の方が,就労関係の在留資格(「人文知識・

国際業務」,「技術」,「技能」など)及び「家族滞

在」の在留資格である場合】

 

≪提 出 書 類≫

※ 申請人とは,日本での永住を希望している外国人の方の

  ことです。

※ 日本で発行される証明書は全て,発行日から3か月以内のものを提出してください。

永住許可申請書・・・1通

               地方入国管理官署において,用紙を用意してます。また,法務省のホームページから取得することもできます。

パスポート及び外国人登録証明書・・・提示

身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)・・・提示

                         

上記3については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方

 については,法務省のHP

 を参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を

 提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となる

 ものです。

 また,申請人以外の方が申請を提出する場合は,上記2の「申

   請人のパスポート及び外国人登録証明書の提示」に代わって,

  「申請人のパスポート」の提示及び登録原票記載事項証明書(外

   国人登録証明書の両面写し)の提出。

理由書・・・1通

             ※永住許可を必要とする理由について,自由な形式で書い

      て下さい。

             日本語以外で記載する場合は,翻訳文が必要です。

身分関係を証明する次のいずれかの資料(申請人の在留資格が「家族滞在」の方の場合に提出が必要となります。)

(1)戸籍謄本・・・1通

(2)出生証明書・・・1通

(3)婚姻証明書・・・1通

(4)認知届の記載事項証明書・・・1通

(5)上記(1)〜(4)に準ずるもの

申請人を含む家族全員(世帯)の外国人登録原票記載事項証明書

   (外国人の方)

   及び住民票(日本人の方)・・・適宜

申請人又は申請人を扶養する方の職業を証明する次のいずれかの

   資料

会社等に勤務している場合

・在職証明書・・・1通

自営業等である場合

(1)確定申告書控えの写し・・・1通

(2)営業許可書の写し(ある場合)・・・1通

                自営業等の方は,自ら職業等について立証していただ

      く必要があります。

その他の場合

   ・職業に係る説明書(書式自由)及びその立証資料

                                   ・・・   適宜

      ※申請人及び配偶者の方お二方とも無職の場合についても,

     その旨を説明書(書式自由)に記載して提出してくださ

     い。

直近(過去3年分)の申請人又は申請人を扶養する方の所得及び

  納税状況を証明する次のいずれかの資料

会社等に勤務している場合

自営業等である場合

・住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書

 (年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)

               ・・・各1通

           

     上記については,年間の総所得及び納税状況(税金

    を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書で

    あれば,いずれか一方でかまいません。

    また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等によ

        り,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場

        合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

 

その他の場合

(1)次のいずれかで,所得を証明するもの

                 〕唾金通帳の写し・・・適宜

                 ⊂綉,暴爐困襪發痢ΑΑε宜

(2)住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書

   (年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)

                    ・・・各1通

                  区役所・市役所・役場から発行されるもの。

       上記については,年間の総所得及び納税状況(税金

  を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。

また,上記の証明書が,入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

申請人又は申請人を扶養する方の資産を証明する次のいずれかの

   資料

(1)預貯金通帳の写し・・・適宜

(2)不動産の登記事項証明書・・・1通

(3)上記(1)及び(2)に準ずるもの・・・適宜

10 身元保証に関する資料

(1)身元保証書

   ※ 地方入国管理官署において,用紙を用意してます。また

      法務省のホームページ   

   http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-4.html

   から取得することもできます。

(2)身元保証人の印鑑

  ※ 印鑑をお持ちでない方は署名(サイン)でもかまいません。

(3)身元保証人に係る次の資料

   /Χ箸鮠斂世垢觧駑繊ΑΑε宜

  ◆…抄瓠焚甬遑映分)の所得証明書・・・適宜

    ゝ擇哭△了駑舛砲弔い討蓮ぞ綉6及び7を参考にして

          提出してください。

   住民票(日本人の方が身元保証人の場合)又は外国人登録

        原票記載事項証明書(外国人の方が身元保証人の場合)

            ・・・1通

          ※については,上記5の資料と重複する資料となる場合も

         ありますので,その場合は,併せて1通提出。

11 我が国への貢献に係る資料(※ある場合のみで結構です。)

(1)表彰状,感謝状,叙勲書等の写し・・適宜

(2)所属会社,大学,団体等の代表者等が作成した推薦状

            ・・・適宜

(3)その他,各分野において貢献があることにする資料

            ・・・適宜

 

※※※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もあります。※※※

 

     

 

1 永住許可申請に関する手続等の案内については,入国管理局ホ

    ームページの「各種手続案内」をご覧下さい。

     (http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/index.html

 

2 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)

   を添付して下さい。

 原則として,提出された資料は返却できませんので,再度入手

   することが困難な資料の原本等の返却を希望する場合は,申請

   時に申し出て下さい。

   法務省ホームページに,永住許可に関するガイドライン等,参

    考資料を掲載してますので,ご覧下さい。

永住許可に関するガイドラインhttp://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan50.html

我が国への貢献があると認められる者への永住許可のガイ

   ドライン

   http://www.moj.go.jp/content/000007260.pdf

○我が国への貢献による永住許可・不許可事例

   http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan16.html