成年後見

広田行政書士事務所

 

営業エリア・・・福岡市〜北九州市〜下関市

      美祢市、山陽小野田市、宇部市

 *エリア内、ご要望(内容)に応じて出張相談承ります

★相談メール(無料)ご相談はこちらから

成年後見制度とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 行政書士報酬

標準報酬額表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成年後見制度とは・・・

認知症,知的障害,精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は,不動産や預貯金などの財産を管理したり,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり,遺産分割の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また,自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい,悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し,支援するのが成年後見制度です。(法務省民事局HPより)

 

(法定後見人)

本人,配偶者,四親等内の親族,検察官、市町村長など
の申し立てで家庭裁判所で選任されます。

選任された成年後見人は,本人の利益を考えながら,本人を代理して契約などの法律行為をしたり,本人または成年後見人が,本人がした不利益な法律行為を後から取り消すことができます。

成年後見人等はその事務について家庭裁判所に報告するなどして,家庭裁判所の監督を受けることになります。

 

(任意後見人)

本人が十分な判断能力があるうちに,将来,判断能力が不十分な状態になった場合に備えて,あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に,自分の生活,療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書で結んでおくというものです。

*任意後見契約は必ず公正証書ですることになっています。

  法務局に後見の登記がされます。

そうすることで,本人の断能力が低下した後に,任意後見人が,任意後見契約で決めた事務について家庭裁判所が選任する「任意後見監督人」の監督のもと本人を代理して契約などをすることによって,本人の意思にしたがった適切な保護・支援をすることが可能になります。

 

ご本人がまだ判断能力があるうちに任意後見人契約をされておくことをお勧めします。

法定後見人の選任は費用や裁判所の選任に時間(長いと6ヶ月くらい)を要します。

 

(財産管理委任契約)

まだ、判断能力が十分にあるうちに、財産の管理を委任します。

全てではなくても一部でも可です。

上の任意後見契約と同時に結んで判断能力が無くなってきた場合に所定の手続きを経て

後見人となります。これを移行型任意後見契約と呼びます。

これも当然に公正証書で行います。 で、登記されます。

 

 

 

任意後見契約公正証書の作成に必要な費用について

(行政書士報酬を除く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公正証書作成の基本手数料

11,000円

登記嘱託手数料

1,400円

登記所に納付する印紙代

 4,000円
 その他 本人らに交付する正本等の証書代,登記嘱託書郵送用の切手代など

 任意後見人制度について(公証人役場へのリンク)

 

★相談メール(無料) ご相談はこちらから

 

成年後見制度Q&A

 

Qをクリックすると法務省民事局のHPにリンクします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
成年後見制度(せいねんこうけんせいど)

Q1
 成年後見制度(せいねんこうけんせいど)ってどんな制度ですか?
Q2
 成年後見制度(せいねんこうけんせいど)にはどのようなものがあるのですか?
Q3
 後見(こうけん)」制度ってどんな制度ですか?
Q4
 後見(こうけん)」制度を利用した事例を教えてください。
Q5
 保佐(ほさ)」制度ってどんな制度ですか?
Q6
 保佐(ほさ)」制度を利用した事例を教えてください。
Q7
 補助(ほじょ)」制度ってどんな制度ですか?
Q8
 補助(ほじょ)」制度を利用した事例を教えてください。
Q9
 成年後見人等(せいねんこうけんにんとう)には,どのような人が選ばれるのでしょうか?
Q10
 親族以外の第三者が成年後見人(せいねんこうけんにん)に選任された事例を教えてください。
Q11
 複数成年後見人(せいねんこうけんにん)が選任された事例を教えてください。
Q12
 成年後見人等(せいねんこうけんにんとう)の役割は何ですか?
Q13
 成年後見(せいねんこうけん)の申立てをする方がいない場合は,どうすればよいのでしょうか?
 市町村長が後見開始(こうけんかいし)審判(しんぱん)の申立てを行った事例を教えてください。
 任意後見制度(にんいこうけんせいど)とは,どのような制度ですか?
 任意後見制度(にんいこうけんせいど)を利用して任意後見監督人(にんいこうけんかんとくにん)が選任された事例を教えてください
 成年後見制度(せいねんこうけんせいど)を利用したいのですが,費用はどのくらいかかるのでしょうか?
 成年後見制度(せいねんこうけんせいど)を利用したいのですが,申立てから開始までどれくらいの期間がかかるのでしょうか?
 成年後見制度(せいねんこうけんせいど)を利用したいのですが,具体的な手続はどのようにすればよいのでしょうか?


成年後見登記制度(せいねんこうけんとうきせいど)
 成年後見登記制度(せいねんこうけんとうきせいど)とはどんな制度ですか?
 登記事務(とうきじむ)はどこで取り扱うのですか?
 どのようなときに登記(とうき)をするのですか?
 どのようなときに登記事項(とうきじこう)の証明書・登記(とうき)されていないことの証明書を利用できますか?
 どのように登記事項(とうきじこう)の証明書・登記されていないことの証明書の交付請求をするのですか?
 誰が登記事項(とうきじこう)の証明書・登記(とうき)されていないことの証明書の交付を請求できるのですか?
 登記事項(とうきじこう)の証明書・登記(とうき)されていないことの証明書の申請用紙はどこにありますか?
 登記事項(とうきじこう)の証明書・登記(とうき)されていないことの証明書の申請に必要な添付書面(てんぷしょめん)には,どのようなものがありますか?
 戸籍(こせき)上の禁治産(きんちさん)準禁治産(じゅんきんちさん)の記載はどうなるのですか?
 禁治産(きんちさん)」等の宣告を受けている場合の,後見(こうけん)または保佐(ほさ)登記(とうき)の申請はどのように行うのですか?
 禁治産(きんちさん)」等の宣告を受けている場合の,後見(こうけん)または保佐(ほさ)登記(とうき)登記(とうき)申請書用紙はどのようなものですか?
 禁治産(きんちさん)」等の宣告を受けている場合の,後見(こうけん)または保佐(ほさ)登記(とうき)の申請に必要な添付書面(てんぷしょめん)には,どのようなものがありますか?
 登記(とうき)の申請や登記事項(とうきじこう)の証明書の交付の請求をオンラインによりすることができるのですか?
 

 


★相談メール(無料) 



Counter